So-net無料ブログ作成
検索選択

2011年・世界一外国人の生活費が高い都市ルアンダ [出来事]


「ルアンダってどこの国の都市?」という事を恥ずかしながら考えニュースを見ると、アンゴラの首都という事のようです。

さらにアンゴラってどこにある国と思って調べました。アンゴラはアフリカ南西部に位置する共和制国家だそうです。そのアフリカの国が我が国の都市東京を抜いて世界一外国人の生活費が高い都市になったのです。

一方、最も生活費のかからない都市は、パキスタンの港湾都市カラチ(Karachi)だったとの事で、カラチとルアンダの生活費には3倍の開きがあったというから物価の違いというか生活水準の違いの開きの大きさには驚かされます。

アンゴラは、27年続いた内戦により国内インフラが打撃を受け、近隣諸国と比較しても国内生産が少なく、輸入品への依存度が高い。そのために物価が高く、また石油資源に恵まれていることから外国人労働者が多く集まり、物価がさらに押し上げられているという理由で東京よりも外国人の生活費が高いようです。

この調査は組織・人事コンサルティング会社マーサー(Mercer)が12日発表したモノですが、外国人が自分の国以外で暮らすのに色々と苦労が多い事が伺えます。それにプラスして生活費のかかる都市だったすると言葉以上に大変の状況であることが読み取れれそうです。
nice!(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。